Now Loading...

市販ナビに後付けできる全方位カメラシステム誕生

これまで、"全方位駐車アシスト機能"はメーカーやディーラーのオプションでしか装着できませんでした。
しかし本製品により、その制約が解かれます。カーAV取付キットの先駆者である私たちならではの発想だと思いませんか?
もちろん取付パーツも究極のフィット感を実現しました。ナビ選択の視覚アシストのお手伝いをさせてください!
まさに市販カーナビ選びたい放題。360°アラウンドシステム!

360°イメージ

Movie

Products

アルファード専用
サテライトビューカメラ

SV-Y001
<オープン価格>

詳しくはこちら

ヴェルファイア専用
サテライトビューカメラ

SV-Y002
<オープン価格>

詳しくはこちら
まるで純正のようなフィット感

キットのカメラを装着する場所は、フロントグリル・左右サイドミラー、リヤゲートの4か所。
それぞれ専用で設計されているのでスマートにフィット。

フロントカメラ
リヤカメラ
サイドカメラ

History

開発ヒストリー

<営業担当より>
現代の自動車業界では、クルマの周囲の死角を映像で確認するバックカメラが普及しており、俯瞰画像による駐車アシストシステムが増えてきました。 しかしまだ高額なメーカーオプションしかないのが現状です。そんな今、私たちカナック企画が出来ることはないか考えました。
メーカーオプションでしか装着できない俯瞰画像システム。
これを市販カーAVに接続し、商品化出来るならば、ユーザーお気に入りのカーAVや、手持ちのナビゲーションシステムに対応でき、より安全なドライブが可能となります。 「よし、開発しよう!」そんな思いから開発は始まりました。
しかしそれには開発するクルマを検討・選定しなければいけません。 普段は奥様がお子様の送迎や買い物、休日は旦那様の運転で家族そろってドライブ。 余裕のある車内は欲しいけれど、大きな車体は駐車場や狭い路地などで不安がある…。 検討の結果、車両のサイズや人気などを考慮し、アルファードとヴェルファイアが最適と判断し、開発着手となりました。 カメラの取付け部は専用設計で、カナテクスブランドならではの純正のようなフィット感を実現しました。 俯瞰映像を映すプログラムも同様に専用設計とし、製品取付後のキャリブレーション(調整)も作業の簡略化を実現しました。
今後順次拡大するラインナップを楽しみにして下さい(笑)

<開発担当者より>
40年以上前からのカーAV取付キット開発の草分け的存在であるわが社にとって、 今回の全方位アシスト機能である「サテライトビューカメラ」の開発は、まさにゼロからのスタートでした。
対象のクルマ選びからはじまり、営業側からの要望を聞き入れつつも開発当初はトライアルアンドエラーの連続でした。
機能を一つ追加するごとに、その検討、確認、試作、検証…という風に作業が膨大に増えます。
予定していたよりも開発期間はかかってしまいましたが、 開発の現場に挑戦しようとするキモチが根付いているからこそ、よいものが出来たと自負しています。 どうかぜひオーナー様のクルマに取付けていただいてその性能をお確かめください。

6つのパターンんで安心サポート

よくある質問

  • Q1:アルファード(ヴェルファイア)専用とありますが、なぜですか。
  • A :前後左右4か所のカメラが専用部品で作られていること。俯瞰画面で映る映像が専用のプログラムで表示されるからです。
  • Q2:ディーラーオプションのナビゲーションには接続できますか。
  • A :接続できません。市販のカーAV専用になります。
  • Q3:純正のリアカメラが付いている場合はそのまま使えますか。
  • A :使えません。純正のバックカメラは取り外し、製品のバックカメラに交換します。
  • Q4:オプションのリバース連動ミラーが付いています。取付けはできますか。
  • A :取付けできます。
  • Q5:エアロパーツが付いています。取付けできますか。
  • A :標準仕様のフロントグリルであれば取付け可能です。フロントグリルを交換してある場合は取付けできません。